2009年05月16日

東京好きな街ベスト100


きのうの昼間は赤坂にいました。

赤坂は「東京好きな街ベスト100」に堂々と入るぐらい魅力的な街ですね。

あ、きのうの銀座もベスト100内にランクインされてますよ。


え?おとといの池袋は?だって?
えーと、126位でした。あとちょとだっただけに残念ですね。

ちなみに渋谷は109です。



昼はきっかり1時間休みがあったので、山王神社に登ることにしました。
といってもエスカレーターを3つ乗り継いでいけば、楽チンで社務所の前まで行けてしまいます。


ランチは天やで簡単に済ませてきたので、自販機でドクターペッパーを買い、境内の藤棚下のベンチに座り、時間まで読書をしました。

よく晴れて、暖かくて、からりとした気持ちの良い昼下がり、赤坂界隈のサラリーマンやらOLやら観光客やら参拝客でベンチはいっぱいでした。


これからの季節、外へ出て陽射しを避ける場所に落ち着き、栗の花の香や、新緑の匂いを運んでくるそよ風を感じつつ、人の営みの遠い音を聞きながら、のんびり読書するってほんと幸せですよね。


で最近読んだ本たちです。

歌野晶午「そして名探偵は生まれた」

名作「葉桜の季節に君を思うということ」以来、かなり好きな作家ですが、この短編集もなかなか面白かったです。
でも、ちょっとコミカルでイマイチ感があったかな。


中島義道「私の嫌いな10の人々」

闘う哲学者と異名をとるこの学者は、私たちが通常良い人という人たちを俎上に載せ、とんでもないと叩きます。
へんに納得させられてしまいますから不思議。


中島義道「私の嫌いな10の言葉」

これも上記の書籍同様、私たちが良い言葉だと思っていたことが、ことごとく粉砕されてしまいます。
たとえば「君のことを思って言ってるんじゃないか」など。
おいらも何となくを胡散臭さ感じていたので、小気味よかったです。


奥田英朗「泳いで帰れ」

ギリシャオリンピックの取材記です。
いっさいの同情、いっさいの虚飾を廃し、見たまま感じたままをレポートしています。
日本野球の敗退を見て、選手やコーチに
「おまえら日本まで泳いで帰れよな」
と苦言を呈してます。
その通り!

posted by のんちゃん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29189470

この記事へのトラックバック