2009年10月19日

吉村達也ファン


先日は溜池で深更まで仕事でした。

オフィスに戻り、始発が出るまで本を読んでました。
大好きな吉村達也の「危険なケータイ」です。

何もそんな思いまでして残業後の未明の誰もいない会社で読まなくたって、とお思いでしょうが、読み始めたら止められない式内容なので睡眠も惜しいぐらいなのです。



              FJs}.JPG

今日は埼玉県の熊谷市出張でした。

同作家の「なぜ紫の夜明けに」を電車内で読みました。

湘南新宿ラインで熊谷まで1時間強。

帰りは電車が来るまでの待ち時間と、帰社の車内両方で1時間半の時間が作れました。

僕の読書スピード(専門書やびっちり書かれた翻訳書は除く)は、2pages/1min.です。

なので今日だけで300ページ。約3分の2ほど読めてしまいます。

              gB.jpg

どちらの作品も、心理サスペンスで、救いのない状況に追い込まれていく主人公のリアルな感情がびしびし伝わってきて、読んでて胸が苦しくなります。

ま、あまり愉しい小説とは言いがたいですけれど。(^_^;)

でもね、吉村達也さんの文庫本は自慢じゃないけれどおいら300冊以上の蔵書があるんですよ。えへん。

明日、20発売が

「悪魔が囁く教会」

              O.jpg(写真は本文とは関係ありません。自宅前の一軒家。もうクリスマスイルミネーションがすごい!)

ね、ね、すぐ手にしたくなるタイトルでしょう?

僕は、なんとはなし、センスというか感性がこの作家と合うんですね。

みなさんも好きな作家さんとかいますか?


(*^。^*)






posted by のんちゃん at 17:47| Comment(6) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
少し本にもどろうかとおもいます!
きくでも理解できる本紹介してくださいね!
Posted by きくちゃん at 2009年10月19日 21:22
おしさしぶりです。おげんきそうですね〜
このイルミネーション、もう、、ですか?そこに驚いています。。。
Posted by まるけびっち at 2009年10月24日 00:16
私、のんちゃんさんの影響で吉村達也さんの本を読むようになりました本
他には、ずっと購入して読んでいるのは、唯川恵さんの本です。
恋愛ものとか、もう好みではないけれど、唯川さんの本が出ると、ついつい手に取ってしまいますわーい(嬉しい顔)

『悪魔が囁く教会』は読みましたか?
私は今、読んでいるものが終わったら読もうと思うので、もし既読していても、ネタバレは無しでお願いしますm(__)m

長くなりました、失礼しました。
Posted by Cumi at 2009年10月26日 16:36
きくちゃん

僕はもっぱらホラーやサスペンスですけれど、できれば紀行文や日常エッセイ、自然科学ものなどがいいのでは、と思っていますよ。(*^_^*)
Posted by のんちゃん at 2009年10月26日 17:29
お、マルケヴィッチ!

ごぶさた。(*^。^*)

もう、なんですよね。
トリックオアトリーティとか言ってるうちにハッピーメリークリスマス。
Posted by のんちゃん at 2009年10月26日 17:31
くみちゃん

唯川恵さんの本!肩越しの恋人とかですよね。読んだことはないなあ。(^_^;)

実は『悪魔が囁く教会』、探したんですけれどまだ出ていませんでした。ひょっとして今日あたり出てるかも。
Posted by のんちゃん at 2009年10月26日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33024812

この記事へのトラックバック