2010年09月16日

亀戸天神と場末のサウナ


清水義範さんの「雑学のすすめ」が面白いですね。

             51GHRzrfiQL__SS500_.jpg

もともと、この作者の著書は大好きで、よく読むのですけれど、西原理恵子さんとタッグを組んだ理科や算数の雑学本も、捨てがたい面白さです。


で、今回のも、ピラミッドやアルハンブラ宮殿やトルコやシルクロードの話題に、お岩さんや、うどんの話まで幅広く雑学を披露してくれています。

また西原さんのイラストが笑えるのです。
生真面目な著者をとことん愚弄してパロディってしまっているのですから。


さて、それはともかく・・・

やはり色んなところへ好奇心をもって出かけると、しぜん雑学が身に付くということで(無理に話題の接ぎ穂で)、昨日は亀戸に用事があったついでに、前から行きたかった亀戸天神に参詣してまいりました。

              TV_.JPG


ここは、「江戸名所図会」かなんかの往時の彩色絵葉書で見て、素敵なところだ、一度は訪ねてみたい、と思っていたのです。

        出かけてみると、小ぢんまりした境内ですが、なかなかさっぱりときれいな天神社でした。

亀が遊ぶ池には、朱色の太鼓橋がかかり、両側には藤棚があります。
藤の花の盛りにはさぞかし華やかな景観に変わるに違いありません。

              TV_.JPG


帰社の時間が押していたので、早足で錦糸町まで歩きました。亀戸駅〜仕事先〜亀戸駅〜天神社〜錦糸町駅って歩いて、約3キロ強でした。
けっこう残暑厳しい日だったので汗をかきました。



夜は、前から友達(おじさんね)と約束していた「男のゴールデンコース」に行きました。すなわち、サウナ、マッサージ、生ビールの至福のコースです。

入浴料金と、30分のマッサージで5千円弱、うどん屋でビールと料理で2千円。
ま、7千円で天下を取った気になれれば安いかぁ。(^◇^)


にしてもサウナは毎度のことで、洗い場では刺青のお兄さんが前も隠さず闊歩している場末のサウナでした。^_^;
posted by のんちゃん at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40753118

この記事へのトラックバック